アパート

賃貸の「ロフト」付き物件のメリット・デメリット!おすすめな人を元専門家が解説

天井が高いので部屋が広く感じたり、収納としても使えるメリットが便利なので、人気の賃貸物件が「ロフト」です。

しかし、夏にはエアコンを付けても暑いし寝れないとデメリットもあったりします
ただ、メリットもあるのでロフト付きのアパートやマンションを選ぶ人も多く人気があります。

  1. ロフト付きアパートのメリット
  2. 実際に住むと分かるデメリット
  3. どんな人ならおすすめできるのか

この記事でロフト付きの賃貸物件に住む前に住み心地が分かるようになっています。
また、賃貸物件で気になっている物件がロフト付きアパートだった人へ、元部屋探しの専門家がメリットやデメリットを紹介。

賃貸のロフトとは?

賃貸のロフトとは屋根裏部屋のことで「専門用語」となります。
賃貸のロフト付きアパートの使い方は2種類あります。

  1. 収納スペースとして使う
  2. 寝室として使う

テレビドラマの高級マンションに出てくる、階段付きの部屋(メゾネット)と間違えられることもありますが、ロフトは基本的にハシゴとなっています。

そのため、高所恐怖症の人で怖いって人だと、住むのは止めた方が良いです。

賃貸物件の部屋が2階建てになっているメゾネットについては下記をご覧ください。

ロフト付きアパートのメリット

メリット

賃貸のロフト付きアパートのメリットは、部屋の高さが高いことや独立した居住空間が増えることにあります。

  • 部屋の空間の広さに比べ家賃が安い
  • 屋根が高いので開放的
  • 収納スペースと居住空間を分けれる
  • 来客が来ても寝室が見られない
  • 秘密基地気分が味わえる
  • 見られたくないものを隠せる

部屋の高さを増やすことで、居住空間を増やしているので、土地代にかかわる専有面積はそこまで大きくありません。

そのため、家賃が安い割には部屋の使える空間は広くなっています。
(家賃の部分はデメリットにもあるので後ほど詳しく解説しています)

ロフトを収納と寝室を分けられるので便利

賃貸でのロフトの最大のメリットは収納や寝室を人によって分けて使うことができる点です。

1Kや1DKの1つしか部屋がない物件でも、ロフトを寝室として分けることができます。
狭い部屋でもロフトに布団を敷き、ソファーを部屋においたりすることもできます。

使い方次第ではオシャレな部屋になったりと、便利なメリットがあります。

また、荷物が多い人や物が捨てられない人は、ロフトを収納や倉庫扱いで使うこともできます。
住んでから途中で用途を変えたりと自由に使える空間が増えるのロフトのメリットです。

ロフト付き物件は部屋の高さがあるので広く感じる

ロフト付きのアパートは必然と天井も高くなってきます。

部屋が窮屈で狭く感じるか、開放感あり広く感じるかは、天井の高さと柱の位置で変わります。
ロフトは必然と高さがあるので、本来の部屋の大きさに比べて、広く感じることができるはずです。

私が不動産会社で働いていた時も、お客さんと部屋の内見をして、天井が低いと「思ったより小さい」と答える人が大半です。

一方で高さのある部屋だと、思っていたより広いと答える人が非常に多いです。

但し、賃貸物件は同じ6畳でも広さが同じな訳ではありません
畳のサイズではなく、建物の構造でも変わるので、ご存知ない方は下記もご覧頂くのがおすすめです。

ロフト付きアパートのデメリット

デメリット

ロフトは寝室として寝るのは良いですが、居住空間としては向いていないのがデメリットです。
部屋全体の高さはあるものの、ロフトエリアは狭いので、立ち歩いたりするのが難しいです。

  • 夏場は暑い
  • 掃除が大変
  • 電気代が高くなる

空間の広さに対して家賃は安くなるものの、ロフト付きとなしの物件だと、1万円ほど高くなる傾向にあります。

土地代を安く抑えて空間を上手く活用していますが、設備代や部屋の高さがある点で、家賃が高くなるデメリットがあります。

夏はエアコンが効かなくて暑い

ロフトがある関係で部屋の高さがあります。

そのため、部屋全体の空間が広いので、エアコンでの冷却効果は低くなります。
また、熱気は上に上がっていくので、ロフトエリアは暑くなりやすいです。

夏場は下に布団を敷いて寝るようにするなど、デメリットをなくすようにしましょう。
暑いのが苦手な人や面倒だと感じるのならあまりおすすめできません。

物置き場として使うと掃除が大変

ロフトの部分は高さがない物件が多いので、立つことができず掃除がするのが大変です。

特に物置き場として収納として使うと、あまり出入りをせずほこりが溜まっていたなんてこともあります。

また、電気のコンセントの差し込み口がないので、掃除機の種類によっては使うのが難しいです。

延長コードを利用するなど工夫をすることで、掃除が大変であるデメリットを解消することができます。

エアコンや暖房の電気代が高くなる

ロフト付きのアパートは部屋の空間が広くなりメリットがありますが、その点がデメリットにもなります。

部屋の高さがあるので、エアコンのパワーを使います。
また、暖房も同様のことが言えます。

そのため、涼しくしづらいだけではなく、電気代が高くなるデメリットがあります。

エアコンに冷やしたタオルを付けたりすることで、冷却効果を上げるなどの工夫をして、デメリットを解消するのがおすすめです。

ロフト付きアパートの住み心地

アパート

ロフト付きアパートがおすすめの人

ロフト付きアパートは下記に当てはまるような人ならおすすめできます。

  1. 家賃は上げれないが広い部屋が欲しい
  2. 荷物が多い
  3. 女性の一人暮らし

1万円ほどの家賃を上げるだけで、あらたなスペースを作ることができるのがロフトです。

部屋探しをしていると、「家賃・立地・設備」などの条件を考慮すると、思ったより部屋が狭くなってしまうこともあります。

部屋の広さが欲しい人や荷物が多い人であれば、ロフト付きアパートはおすすめできます。

女性の一人暮らしにもおすすめ

女性の一人暮らしだと、洋服や小物が増えてしまうことも多いです。

ロフトがあれば収納として使うこともできます。また、下着など来客には見られたくない物を置いたり、玄関からは完全に見えないエリアでもあります。

女性で一人暮らしをしていると、玄関の扉のポストから人が覗いていたなんて話もあります。

不動産会社で働いていた時にそれが原因で引越す人もいましたし、筆者の友人も同様の経験をしています。
オートロックでは不審者を防ぐ効果はあまりないので、防犯を気にする女性は下記もご覧ください。

ロフト付きアパートはどうか部屋探しの専門家からアドバイス

部屋探しの元専門家からのアドバイス

ロフト付きのアパートは便利である反面で、多くのデメリットがあります。

荷物が少ない人や広さを重視しない人だと、電気代が高く付くだけで、無駄なだけになってしまうこともあります。

一方で、上手く工夫をすればデメリットをなくしたり、オシャレな部屋を作りだすこともできます。

ロフト付き物件は男性だと、秘密基地みたいで良いって人もいますが、まずはメリットとデメリットで、必要なのかを重視した方が良いです。

その上で、部屋と居室を分けたり、荷物が多いって人であれば、選んでみるのをおすすめします。

ロフト付きアパートの部屋探しの仕方

ロフト付きアパートはたくさんあるものの、家賃や住むエリアの条件によっては、他の賃貸物件に比べると見つけるのが難しくなってきます。

そのため、「特殊な条件」や「掘り出し物件」などの部屋を探してる人は、「「イエッティ」」のようなチャット型不動産を利用するのがおすすめです。

不動産会社へ行かずともロフト付きアパートのような特殊な条件の部屋も見つけてくれますし、イエッティであれば現地待ち合わせの下見なので、おとり物件がないことで知られています。

掘り出し物件の探し方
おとり物件の見分け方
PAGE TOP