フリーレント

賃貸物件の「フリーレント」とは?デメリットなど仕組みから怪しくない理由

部屋探しサイトや不動産会社で賃貸物件の条件で見かけるのが「フリーレント」です。

フリーレントは賃貸物件の「専門用語」となっているので、一般の方は知らないことが大半です。
入居者からするとお得な条件ではあるものの、他の物件と違い特別な契約条件が付いています。

一定期間の家賃が無料になるメリットだけではなく、違約金のデメリットがあるのですね。

  • そもそもフリーレントとは?
  • メリットだけでなくデメリットも知りたい
  • 家賃が無料は怪しいから事故物件でしょ?

など、フリーレントは掘り出し物件である可能性は高いものの、お得なだけあって心配になることもあります。

この記事でフリーレントとはどんな仕組みかを理解でき、実際に住むとどんなメリットやデメリットがあるかが分かります。
また、大家側のメリットを知ることで、なぜ怪しい物件ではないのかが理解できるようになります。

フリーレントとは?

フリーレントとは家賃が無料
フリーレントとは、入居後の家賃を一定期間無料にする不動産用語のことです。

賃貸物件だと1ヶ月ぐらいの期間が付いている物件が多いです。
数は少ないですが2ヶ月と少し長めの期間が付いていることもあります。

フリーレント期間は家賃は無料になりますが、管理費・共益費は必要になることが多いです。
そのため、契約をする前には必ず家賃以外の部分も含まれるのかを、事前に確認をしておくようにしましょう。

フリーレントの仕組み

フリーレント物件の仕組みとしてはいくつかあります。

  1. 入居日から1ヶ月間が無料
  2. 途中からの入居だと初月が無料
  3. 15日以降だと翌月分が無料

賃貸の入居日は1日ではなく10日や15日など途中からの入居になることが大半です。

そのため、物件によってはフリーレントが1ヶ月と明記がされていても、初月のみが無料になることもあります。15日以降であれば、初期費用では日割り分の月末分までを支払い、翌月分が無料になることもあります。

必ずどんな仕組みなのかを事前に確認をするようにしてください。

フリーレント1ヶ月・2ヶ月の意味

部屋探しをしていると、「フリーレントが1ヶ月」と書かれている賃貸物件があります。

賃料が60,000円で共益費が2,000円のお部屋であれば、最初の1ヶ月目の家賃は2,000円となります。
ようするにフリーレントが付いている期間分の賃料が無料となってきます。

フリーレントが2か月であれば、2ヶ月分の賃料が無料になり、共益日の4,000円が必要となります。

フリーレントはおとり物件の時もある

フリーレントは実際に存在がする条件ではあるものの、おとり物件ではないか注意をするようにしましょう。

大家が早く契約者を見つけたい物件に付くことが多いですが、入居者のメリットが大きい条件です。
そのため、悪質な不動産会社が実際は違うのにフリーレントで掲載をすることもあります。

このおとり物件は見分けることもできるので、もし知らないって人は下記の記事を参考にして頂ければと思います。

また、いちいち調べるのが面倒って人は「イエッティ」のような、現地待ち合わせが専門のチャット型不動産で下見をできるか聞けば良いだけです。

常に現地待ち合わせでの下見の部屋探しサイトなので、おとり物件が掲載されていないです。

イエッティの公式サイトはコチラ

部屋探しサイトを使っていて、おとり物件か調べる人は下記の見分け方を知っておくのをおすすめします。

フリーレント物件のメリットやデメリット

メリットやデメリット

フリーレントは家賃が無料なのでメリットは大きいです。
しかし、契約条件が付いているので、デメリットも少なからずある物件です。

賃貸物件の部屋探しを今してい向けにメリットとデメリットについて詳しく解説していきます。

フリーレントのメリット

フリーレントのメリットは仕組みそのものと言えます。

  1. 家賃がフリーレントの期間は無料
  2. 契約の初期費用を安くできる

家賃がフリーレントの期間が無料になるメリットは大きいですが、それだけでなく初期費用を安く抑えることができます。

引越しをすると「運搬業者への費用・賃貸物件の初期費用・退去費用」と3種類がかかります。
そのため、最初の1ヶ月分の家賃が無料になることで、一度にかかる費用を抑えることができるのもメリットです。

フリーレントのデメリットは途中解約による違約金

フリーレント物件のデメリットは賃貸物件の契約期間の条件です。

賃貸のお部屋は地域によって違うものの、1年や2年の更新期間があります。
ただ、この条件はあくまで更新料を支払う期間であり、入居者は途中で自由に退去をすることもできます。

しかし、フリーレントの物件は最低の入居期間の条件があり、途中で退去する場合は違約金が発生します。
大抵は2年ぐらいの契約期間が条件となっていることが多いです。

途中で退去をする際のペナルティとしての違約金の相場は、フリーレントの期間であることが多いです。
そのため、最初の1ヶ月が無料であったのなら、契約期間より短く退去する場合、1ヶ月分の違約金が必要となります。

フリーレントの部屋を転々として、家賃を無料にし続けることができる訳ではありません。

大家がフリーレントで家賃を無料にするメリット!怪しい物件ではない

なぜ大家はフリーレントを付ける

フリーレントで家賃が無料と聞くと、怪しいと感じる人も多いです。
しかし、そんなことはなくフリーレントにすることで、入居者だけでなく大家にもメリットがあります。

大家が賃貸アパートやマンションでフリーレントを付ける理由としては3種類ほどあります。

  1. 部屋探しサイトや図面で目立つ
  2. 早く入居者を決めたい(投資物件に多い)
  3. 入居者が決まらない

ホームズやスーモのような部屋探しサイトでは、検索条件にフリーレントがあったりします。
フリーレントが付いた掘り出し物件が出たら、引越しを検討する人もいます。

また、図面でもお得感のインパクトを出すことができるので、部屋探ししている人に注目させることができるのですね。

投資物件にフリーレントが付いてることも多い

大家と言っても昔からその物件を所有している人もいれば、投資物件として部屋を貸している人もいます。
投資物件は一括購入ではなく、銀行からの借り入れなどを行っています。

「毎月、ローンで5万円を支払い、家賃を7万円で貸し出す」
その差益の2万円が利益となり、なおかつ数十年後にはその物件も手に入る仕組みです。

大家が投資物件で購入をしていると、入居者が決まらなければ毎月出費が必要となり、赤字となってしまいます。

賃貸は1か月ではなく、最初の1か月や2か月を無料にしたとしても、早く入居者が決まった方が良いケースは非常に多いです。

人気の無い物件である

フリーレントが付いた物件は人気がない部屋である可能性もあります。
ただ、気お付けたいのが賃貸物件の人気は条件の良し悪しで決まる訳ではないことです。

部屋の人気はそのエリアでその条件の部屋を探している人の量でも変わってきます。

例えば、学校や病院が近くにあるエリアだと、ファミリー向けのサイズの2LDKや3LDKの部屋が人気があります。
社会人の一人暮らしの1DKや1LDKの間取りだと、オフィス外へ通勤がしやすいエリアが人気となります。

学校が近くにあっても、オフィス街まで遠いエリアであれば、1人暮らし向けの間取りの部屋は人気がありません。
しかし、人によっては付近に仕事先がある人もいます。

ようするに、人気がない物件だからと言って条件の悪い部屋ではないのですね。

いわくつきの訳あり事故物件で罠がある?

フリーレント物件で多くの人が気にするのが下記の点ではないかと思います。

  • 事故物件だったりするのではないか?
  • 契約に罠が隠されているのでは?
  • 家の近くに墓地があったりする?
  • 近隣に住人に変な人がいる?

私が不動産会社の賃貸の営業で働いていた時もそうですが、家賃が無料になると聞くと心配になる人は多いです。

フリーレントが付いてるからと言って、怪しい物件ではありません。
礼金が2ヶ月でフリーレント1ヶ月の部屋と、礼金1ヶ月の部屋であれば、支払う総額に変わりがありません。

あくまで支払う名目が変わっているだけでしかないのですね。
フリーレントが付いてるからといって、いわくつきの訳あり物件の心配をする必要はないです。

元賃貸の営業をした専門家としてフリーレント物件はどう?

元賃貸の専門家からのアドバイス

元賃貸の営業である編集長の私からのアドバイスとしては探している条件でフリーレント物件があったのならおすすめです。

なかには部屋が決まらなくて家賃を少しだけ上げて、お得感を出す為にフリーレントを付けている物件もあります。
ただ、多くは単純に早く入居者を決めたいから、もともとの条件に加えて付いてることが多いです。

そのため、掘り出し物件である可能性が非常に高いです。

もともと、部屋探しをしている条件(賃料・間取り・エリアなど)でフリーレントの物件があれば、おすすめすることができます。
私が今住んでいる賃貸マンションも1ヶ月の条件が付いていたのが決め手となっています。

フリーレント物件の注意点

フリーレントの注意点としては、下記の3点を確認しておくことです。

  • いつからいつまで無料
  • 契約期間の条件
  • 途中で退出する時の違約金

この記事の仕組みでも解説をしているように、「フリーレント1ヶ月」と書かれていても、必ずしも家賃の1ヶ月分が無料になる訳ではありません。
入居した初月のみで、入居日が途中からだと数日しか無料にならないこともあります。

また、その他の条件で悪い部分が無いかも確認をするようにしましょう。

「礼金」を増やしたり「敷金償却」など、フリーレントと悪い条件を足すことで、掘り出し物件ではなく、相場通りの部屋のこともあります。

まとめ

フリーレントはメリットが大きいので、怪しいと思われやすかったりします。
特に不動産業界はおとり物件など、悪いイメージがあったりしますからね。

ただ、必ずしもお得だからと言って入居者にデメリットがある訳ではありません。。

フリーレントが掘り出し物件としてなりえる人の条件としては、長くすむことになる人です。
違約金が発生する期間以上を済むのであれば、お得な条件になります。

おすすめできない人としては、短期間でまた引越しをする可能性がある人です。
違約金が発生することによって、お得な物件ではなくなる可能性があります。

フリーレントのある物件を探したいのであれば、イエッティのようなチャット不動産などを利用するのがおすすめです。
他の物件と比べてあきらなかメリットがあるので、入居者がすぐに決まってしまうこともあるから、事前に条件を指定して探して貰えます。

掘り出し物件の探し方
おとり物件の見分け方
PAGE TOP