ゴキブリの出ない賃貸

賃貸でゴキブリが出やすいマンションやアパート!ゴキブリ駆除の方法も紹介

私もそうですがゴキブリが苦手な人は多いかと思います。

あなたが私と同じで苦手であれば、この記事でゴキブリ駆除に有効な方法だけでなく、出やすい賃貸の特徴が分かるようになっています。
また、どうすれば避けることができるかも、部屋探しの専門家が解説をしています。

賃貸マンションやアパートへ入居後に悩まされ、薬局で市販のゴキブリ駆除剤を使ってみても、効果を感じれないことは多いです。

業者が使う強力な駆除剤もこのページで紹介はしているものの、最初から出来るだけゴキブリが出ない部屋に住むことがおすすめです。

あなたが部屋探し中ではなく、すでに入居中の部屋に発生をしていて、強力な駆除剤だけを知りたいって方であれば「害虫駆除業者が使うゴキブリ駆除剤「ゴキちゃんストップ」をクリックすることで必要な部分から読めるようになっています。

ゴキブリ出やすい賃貸マンションやアパートの特徴

マンションの室内

ゴキブリが出やすい賃貸マンションやアパートの特徴としては下記の4つがあります。

  1. 駅近のマンションやアパート
  2. 1階が飲食店の物件
  3. 木造物件
  4. 長期間空室の部屋がある

ただ、この条件が重なったとしても、ゴキブリが出づらい部屋を選ぶことで、可能性を大分低くすることができます。

この条件の物件を全て除外をしてしまうと、駅から遠く近隣に繁華街もなければ、家賃が高額な部屋に限られてしまいますからね。

これらがなぜ出やすいのかの理由だけでなく、この条件でも出づらい部屋とはどんなのかを詳しく解説していきます。

駅近のマンションにはゴキブリが多い!出ない方法は?

駅近のマンションやアパートはゴキブリが出やすいです。

繁華街はなくともどんな駅でも多少の飲食店や店舗があったりします。
また、駅も大量の人が利用するゴミ箱があったりと、ゴキブリだけでなく虫が発生をしやすくなっています。

駅近マンションでもゴキブリが出づらい部屋は、繁華街と反対側の立地の賃貸物件を選ぶことです。
一部、東京などの都心の中心地になると駅周辺の全てがお店だらけのことはあります。

ただ、ほとんどの駅はあるエリアに重点的にあるので、反対側のお店が少ない方の物件を選ぶことで、ゴキブリが出る可能性を少なくできます。

また、反対側を選ぶことでゴキブリだけでなく、様々な虫や騒音問題などの駅近物件のデメリットを解消できます。

1階が飲食店ならゴキブリが大量発生しやすいので避けるのがおすすめ

賃貸マンションの中には1階が飲食店になっていることもあります。

飲食店は食べかすなどのゴミも多くなるので、ゴキブリが大量に発生をするのは想像はつくかと思います。
知り合いで害虫駆除の業者で働いてる友人に聞いたこともありますが、清潔に見えても想像を絶する数がいます。

飲食店でゴキブリ駆除を業者が行うと、何百~何千も数えきれない程が出てくるみたいです。

冷蔵庫や倉庫の裏に業者専用の強力な駆除剤を巻くと、辺り一面が黒い物体(ゴキブリ)でいっぱいになる話していました。

私のようにゴキブリが苦手な人は1階が飲食店のマンションは止めた方が良いです。
もしくはこの後紹介をしている、出ない部屋の特徴に当てはまった部屋を選ぶのがおすすめです。

木造物件は建物の構造で最もゴキブリがでやすい

建物の構造状で圧倒的にゴキブリが出やすいのが木造物件です。

木造アパートは部屋の隠れた部分に虫が空けた穴が隠れてたりして、ゴキブリが部屋を行ききするなど住みやすい環境となっています。

また、雨が降ると湿気が壁の中に非常にたまりやすいです。
そのため、最高のゴキブリの住みやすい環境となっています。

ゴキブリが苦手な人は木造アパートは避けるようにしましょう。
この後に紹介してる業者が使ってる駆除剤を使う選択肢もありますが、入居前から別の賃貸物件を選ぶのがおすすめです。

「実体験」長期間下の階が間空室でゴキブリに悩まされた

私が20代前半の頃に彼女の住んでいた部屋で同棲をしたことがあります。
その部屋は途中から毎日1匹はゴキブリを見るような物件になりました。

もともと木造アパートなので出やすい特徴に当てはまるのですが、最初の内は問題ありませんでした。
ただ、下の階が長期間空室となっていたので、夏の時期になると毎日見かけるほどひどかったです。

夏場は換気をしなければ部屋の中はサウナのような状態となります。

空室の物件は管理会社や管理人が換気をしたりしますが、物件によっては管理会社を入れていなかったり、換気をせずに放置をしている部屋もあります。

上下左右の部屋の空室が長いと、ゴキブリが発生をしやすくなります。

入居後に引越しをして空室になることもありますが、心配な人は上下左右の部屋が空室になってないか、下見の時に確認をするようにしましょう。

ゴキブリが原因で引越す人や苦手な人の部屋探し

ゴキブリがでない部屋
ゴキブリが苦手って人やそれが原因で引越しを検討している人は、とても効果のある出づらい部屋の特徴に当てはまる物件を選ぶようにしてください。

ゴキブリだけではなく、多くの虫はある程度の高さになると上まであがってこない特徴があります。

そのため、賃貸マンションの上層階を選ぶことで、ゴキブリを見かけなくなる可能性はぐっと上がります。
建物によってもひとつの階数の高さは変わりますが、目安としては6階以上を選ぶようにしましょう。

但し、絶対に上がってこないのではなく、見かける可能性が下がると考えるのが適切です。

「実体験」築20年の駅近で国道沿いの部屋にゴキブリは出た?

私自身の話ですが、ゴキブリが出やすい賃貸の特徴に当てはまり、6階以上の賃貸マンションに住んだことがあります。

  1. 部屋は10階
  2. 築20年の時に入居
  3. 大通り沿い
  4. 1階は下着屋
  5. 隣の建物の1階はコンビニ
  6. 駅から徒歩4分

部屋が10階でゴキブリが出づらい特徴の部屋ではあるものの、たくさんのでやすい条件に当てはまります。

結論から言えば、私は約5年ほどその部屋に住んだのですが、虫・ゴキブリは一度も見ることはありませんでした。
但し、1階にあるゴミ置き場に関しては何回も見かけたことがあります。

高層階になれば必ずしもゴキブリを見かけない訳ではありませんが、できるだけ6階以上を選び、上になるほど悩まされなくなると考えて良いはずです。

ゴキブリ駆除の方法

ここからはすでに入居してる賃貸マンションやアパートでゴキブリを見かけた人向けです。
ゴキブリ駆除の方法としては3種類です。

  1. 薬局やスーパーの市販の駆除剤を使う
  2. 害虫駆除業者のゴキブリ退治剤
  3. 駆除業者へ依頼する

ただ、現実的に駆除業者へ依頼をするとなると高額になります。
そのため、おすすめすることはできないです。

薬局やスーパーで市販のゴキブリ駆除剤で効果を感じれない

薬局やスーパーでは様々なゴキブリ駆除剤が販売されています。
私のようにこれらの市販ので効果を感じれた人は価格が最も安いのでおすすめです。

但し、効き目を感じれない人は駆除業者が使うのをおすすめです。

有名なのがいくつかあるので、実際に効果を感じてる人はいるのだろうと思います。
しかし、市販ので個人的には今までゴキブリ駆除剤の効き目をほとんど感じたことがないです。

ゴキブリホイホイみたいな設置型は、実家で住んでるときに捕まってるって話は聞きましたが、現実的に私は見ることも嫌なので、設置タイプも苦手ではあります。

なにより、1匹いれば何匹もいるのがゴキブリであり、何百匹に対応をしなければなりません。

スプレー型を使ったことはありますが、使い始めた当初は退治はできるものの、だんだんと体制ができるのか効き目が弱くなっているようにも感じます。

まずは安い市販ので対策をして、効き目を感じれない人は駆除業者のを使うのがおすすめです。

害虫駆除業者が使うゴキブリ駆除剤「ゴキちゃんストップ」

ゴキちゃんストップ
ゴキブリ駆除に効果があると評判なのが「ゴキちゃんストップ」です。
製造をしているのは「四国にあるゴキブリ駆除業者」で「防除用医薬部外品」となっています。

  1. 設置タイプなので手軽
  2. 市販の駆除剤と値段がそこまで変わらない
  3. プロの駆除業者のつかう強力駆除薬
  4. 巣に持ち帰り他のゴキブリにも効果あり
  5. 死骸を見なくてすむ
  6. 幼虫や卵にも効果的

巣に持ち帰り食べたゴキブリは最終的に水を求めて下水の方へ向かっていきます。
そのため、部屋で死骸を見なくて済むので、私のようなゴキブリを見るのも嫌な人にも評判が良いです。

価格は1パック1,800円で送料無料で販売されており、一般家庭で約6ヶ月効果が有効です。
下記は部屋の広さに対しての必要となる数の目安です。

  1. 1R・1Kで1パック
  2. 2LDK・3LDKで2パック
  3. 一軒家で3パック

もともと業務用なので市販のみたいにかっこいいラベルが付いて、箱に入ってる訳ではありません。
詳細は下記の公式サイトの販売元のページをご覧ください。

業務用ゴキブリ駆除薬「ゴキちゃんストップ」

家庭にある物でゴキブリ退治に即効性のある方法

家庭に常備してる中でゴキブリ駆除に即効性があるのが「食器洗剤」です。
食器洗剤を使った方法は強力ではあるもののデメリットが4つあります。

  1. ゴキブリを発見してから駆除
  2. 自分で死骸を外に捨てなければならない
  3. 部屋が汚れる
  4. 巣にいるのを退治できる訳ではない

ただ、洗剤がクロス(壁紙)についてシミとして残ったりするので使う部分を選ばないと解約時に現状回復の退去費用として請求されてしまいます。

また、「ゴキちゃんストップ」などとは違い、あくまで目の前にいるゴキブリを退治する方法があるだけです。

そのため、巣にいるのは効き目がなく、継続的に発生をするのを防ぐことはできません。
個人的には退治するゴキブリ駆除スプレーより、実体験として洗剤の方が即効性があるので効果があると感じてます。

ゴキブリに悩まされたくないのであれば「ゴキちゃんストップ」のような、巣にいるのや継続的に効果があるのを使用するのがおすすめです。

掘り出し物件の探し方
おとり物件の見分け方
PAGE TOP