おとり物件

【無料公開】おとり物件の見分け方!元専門家が話すおとりがないサイトや裏事情

たった一度でも部屋探しをすると経験をすることが多いのが「おとり物件」です。

誰しも良い条件で引越したいので、部屋探しサイトを使って興味の持つ物件を探します。
しかし、家賃や敷金・礼金などの条件を良くして、契約できない部屋を悪質な不動産会社は掲載します。

そのため、条件が良く興味を持つ部屋こそおとり物件である可能性が高いので、初めての一人暮らしでも騙されたりするのですね。

ただ、掘り出し物件のような相場よりも条件が良い部屋が存在するのも事実です。

この記事では不動産会社をすでに止めた元専門家だからこそ話せるおとり物件の見分け方やそもそもないサイトも解説しています。

嘘の釣り物件に騙されないことで、本当に条件の良い部屋を見つけられるようになります。

部屋探しサイト事におとり物件が多い・少ないはある?

部屋探しサイトは有名なので、HOMES・アットホーム・スーモと何十もの数があります。
そのため、どこを使えば安全なのかなんて質問をされることもあります。

  1. 少ないサイトはあるのか?
  2. 多いサイトはあるのか?

結論から言えば、部屋探しサイト事によって、おとり物件の数は変わらないです。
厳密に言えば掲載されている数は違いがありますが、どれも基本的に多いと考えた方が良いです。

そもそも部屋探しサイト側はおとり物件を掲載する不動産会社の取り締まりは行っています。

仕組みとしてはサイト側ではなく、不動産会社が自ら物件の情報を掲載して登録を行っています。
そのため、どの部屋探しサイトにもおとり物件が掲載されており、多いや少ないはその時期によって変わるはずです。

おとり物件のないサイト

おとり物件がないサイトはあったりはします。
それが現地待ち合わせでの下見を専門としているサイトです。

おとり物件は客の問い合わせを増やす為であり、契約ができない部屋なので下見したとしても意味がありません。
但し、現地待ち合わせができれば、必ずその条件で募集をしているとは限りません

申し込みがあれば大家に連絡をする不利をして、「審査に落ちたので別の部屋を探しましょう」と言えば良いだけです。

そのため、「イエッティ」のような現地待ち合わせでの下見を専門としているのであれば、仕組み的におとり物件のないサイトと言えます。

ひたすら契約できない部屋の下見を現地待ち合わせで繰り返しても意味がありませんからね。

イエッティの公式サイトはコチラ

おとり物件とは?

そもそもおとり物件とは掲載されてる条件では、契約をすることができない部屋のことです。
主に下記のどちらかに当てはまることが多いです。

  1. 家賃・敷金・礼金を変更してる
  2. 条件が良いけど空室でない物件

各不動産会社が同じ物件の部屋の広さを違う数字で掲載してることもありますが、これは間違えであることが多いです。
また、実際に存在しない架空のアパートやマンションを掲載することは、ほとんどありえないです。

あきらかなおとり物件なのがばれてしまいます。

不動産会社はばれると、最悪のケースは営業停止になってしまうので、疑うよちはあるけど確実ではない状況を作ります。
部屋探しサイトへは人力で手打ちで入力をしているので、実際に間違えてしまうことはありますからね。

そのため、こういった言い逃れができる部分を利用して、実施より良い条件で掲載しているのをおとり物件と言います。

賃貸の不動産会社が紹介できない物件を掲載する目的

おとり物件のような、契約できない部屋を掲載する目的は問い合わせを増やす為です。

賃貸の不動産会社の多くは仲介なので、同じ部屋をどこが紹介しても良い状況です。
当然、大家としては入居者を決めてくれれば、家賃収入が入るのでどこの会社でも良い訳です。

そのため、各不動産会社は来客数を増やす目的で、おとり物件を掲載していきます。
後は問い合わせには空室と答えて、来客時には実際の募集がでてる条件の部屋を紹介していきます。

どこでも紹介ができるからこそ、契約ができない部屋が掲載されてしまうのですね。

おとり物件の見分け方

おとり物件の見極め方

簡単におとり物件かを見分ける方法があります。
それが、募集してる部屋の「物件名」や「条件」でGoogleやYahoo検索をすることです。

マンションやアパート名で検索すると、様々な部屋探しサイトや不動産会社で、入居者を募集しているページがでてきます。
上の3つぐらいを見て、「家賃・敷金・礼金・条件」などに違いがないかを確認してください。

おとり物件であれば各社の掲載してる条件に違いがでてきます。

  1. 良さそうな部屋を見つける
  2. 建物の名前で検索をする
  3. 「住所+賃貸」で検索する

基本はマンションやアパートなどの名前で検索をするのが、賃貸の情報がでてきやすく楽です。
但し、物件によっては名前が載っていなく「新宿駅徒歩5分」のように明記されてることがあります。

そんな時は「住所+賃貸」で検索をすると簡単にヒットするはずです。

この方法なら相場を知らなくても見分けられる

ネットでおとり物件の見分け方を調べてみると、「相場よりも条件が良い」とか書かれていることがあります。
ただ、不動産会社でもなければ、相場なんて分かるはずもありません。

また、掘り出し物件のような、条件の良い部屋を排除することにもなってしまいます。

ただ、この方法であれば賃貸の相場が分からなくても、簡単におとり物件か見極めることができるはずです。
そもそも、相場はあってないような物でもあります。

関東や関西などエリアごとに敷金や礼金の相場が大きく違うなんてことはありますが、各エリアごとになるとほとんどありません。
東京なら繁忙期は「敷金・礼金2ヶ月」が多いですが、「敷金礼金ゼロ物件」なんてのも実際にあります。

おとり物件か見極めるなら相場ではなく、他の掲載されてる情報と見比べるのがおすすめです。

ここからは各部屋探しサイトでの見極め方の具体例を画像付きで紹介しています。
「物件名で検索する」の意味がいまいち分からなかった人は、ご覧頂ければと思います。

理解できた人は「おとり物件かチェックした方が良い賃貸物件の特徴」までお進みください。

キャッシュバック賃貸のおとり物件の見分け方

見分け方

問い合わせた部屋を契約することになったら、キャッシュバックがされるので注目されてるのが「キャッシュバック賃貸」です。

キャッシュバック賃貸は建物名が大きく目立つように掲載されていることが多く、簡単に見つけやすいです。
おとり物件か見極めるのであれば、上の画像で赤い四角で囲ってるマンション名で検索をしてください。

でてきたページの上の3個から5個ぐらいを順番に見て、条件に違いがないか確認してください。
もしも、良い条件で掲載がされてるなら、おとり物件である可能性が高いです。


スーモ(SUUMO)のおとり物件の見分け方

スーモ

大手部屋探しサイトとして、知名度・人気もあるのが「スーモ(suumo)」です。

スーモでは各物件情報の上の方に、黒い文字で物件名や住所が記載されています。
おとり物件か見極めるにはこの部分をコピーして検索をすると楽です。

賃貸物件によっては住所が一部までしか掲載されていないことがあります。
こういった物件は「途中までの住所」に加えて、「築年数」「敷金」などの条件を加えて、最後に「賃貸」を入力して検索をしてください。

掲載されてる情報が少ないほど、おとり物件か見極めるのに時間がかかってきます。
但し、情報が少ないからと言って、必ずしも存在しない物件ではありません。

スーモ

おとり物件かチェックした方が良い物件の特徴

不動産会社は問い合わせがありそうな、人気の条件の部屋をおとり物件に利用します。
主に下記のような物件は人気がでやすく、問い合わせ前にチェックをするのがおすすめです。

  1. フリーレント
  2. 敷金礼金ゼロ
  3. 礼金が少ない
  4. 分譲賃貸
  5. 他の物件より条件が良さそうと感じる

これらの条件に加えて、部屋探しサイトを見ていて、なんとなく良い条件と感じるのなら調査をした方が良いです。

上記の条件が含まれた部屋は人気が高い傾向にあり、特に気お付けるようにしましょう。
逆にいえばこれらの条件でおとり物件でなければ、掘り出し物件である可能性が高いです。

家賃が無料になるフリーレント

家賃が無料になる部屋探しの条件がフリーレントです。
そのため、お得な賃貸のマンションやアパートの条件なので、おとり物件の可能性もあります。

通常、フリーレントは1ヶ月や2ヶ月付いてることが多いです。
契約時の初期費用が安くなるので、掘り出し物件である可能性が高いです。

フリーレントの条件がある部屋はおとり物件でないか、チェックして見極めるのがおすすめです。

敷金・礼金がゼロや相場より少ない賃貸物件

賃貸の契約時の初期費用の部分に関わるのが、この敷金や礼金の部分です。
最近は家賃は払えるけど、まとまった貯金がないから、初期費用の安い物件が人気がでやすいです。

そのため、敷金礼金ゼロ物件のようなのも増えてきています。

このなかでも特に礼金は大家へのお礼のお金であり、敷金と違い解約時の退去費用に使われる訳ではありません。
少なければ少ないほど入居者には嬉しい条件でもあります。

敷金・礼金がゼロであったり、他の物件よりも少ないと感じたのなら、おとり物件でないかチェックしてから問い合わせするようにしましょう。

電話やメールで問い合わせ時におとり物件か疑う

電話する男性

おとり物件の見極め方を使ったとしても、完全に見破ることができる訳ではありません。
すでに入居者が決まった人気の部屋を、この方法では確かめることはできないのですね。

そのため、不動産会社の問い合わせ時に疑うようにするのがおすすめです。

  1. 電話で問い合わせたら空室か即答
  2. 現地集合での下見・内見ができない
  3. 来店をひたすら促す

これらに当てはまるのであれば、おとり物件である可能性が高いです。
但し、現地集合での下見に関しては、真っ当な不動産会社でも多くは対応をしていません。

この点は後ほど解説をしますが、ネットを見ると現地待ち合わせで下見できないと「おとり物件」と書かれていることもありますが、不動産会社の内情を知る私からすればそうではありません。

そのため、特に空室と即答で答えたり、ひたすら来店を促すお店は疑うようにしてください。

空室確認の電話で紹介できると即答

気になった物件を見つけて電話で問い合わせした時に、「紹介できます」と即答するのはおとり物件である可能性が高いです。

賃貸の多くの不動産会社は仲介であり、物件が空室かは管理してる会社へ確認をしなければ分かりません。
掲載後に入居者が決まったとしても、わざわざ連絡がくるようなことは基本的にありません。

そのため、管理してる自社物件でなければ空室と即答できるはずがないのですね。

空室確認の問い合わせで即答するのであれば、「おとり物件」か「そもそも確認もしない」不動産会社である可能性が高いです。

現地待ち合わせでの内見・下見ができない

おとり物件であれば、大抵は下見をしても意味がないので、現地集合での対応はしてくれません。
そのため、おとり物件である可能性もあるので、疑うようにした方が良いです。

但し、この部分は実はこの後紹介もしますが、現地集合での対応をしていない会社は多いです。
そのため、現地集合での下見ができないからと言って、断定をすることはできません。

不動産会社への来店をとにかく促す

おとり物件の目的は問い合わせ数を増やし、最終的に来店する人を増やす為ことです。

そして、後は営業力によって、他の物件を契約まで結び付けていきます。
空室確認の問い合わせ時に物件の話ではなく、とにかく空室なので来店を促すのは疑うようにしましょう。

但し、この部分もネットでは多く書かれているのを見ますが、実は真っ当な不動産会社の対応も基本は来店です。
そのため、とにかく来店を促さられたからおとり物件と考えるのではなく、怪しいと疑うようにした方が良いです。

この条件が揃ったら必ずおとり物件か調査

不動産会社で働いており裏事情も分かってる私からすると、現地集合ができなかったり、来店を促すだけではおとり物件かを決めつけることができないのは断言できます。

実際、条件の悪そうな物件に問い合わせをしたとしても、同じ対応をされる可能性は高いです。

しかし、電話での問い合わせに即答をした上で、現地集合もできなければ来店を促すのであれば、必ずおとり物件の見分け方で調査をするのをおすすめします。

本来であれば問い合わせする前に確認をした方が良いですが、それは面倒って人はここまで来たら必ず調査をするようにしましょう。

おとり物件か完全に見破るのは不可能な裏事情

残念ですが来店前におとり物件かは完全に見破るのは不可能とも言えます。

ネットを見てると様々なおとり物件を見破る方法が掲載されてるのを見ますが、多くは現地下見ができないであったり、相場より低いなどのここが書かれています。

しかし、実際はほとんどの会社が現地集合での下見ができない裏事情がありますし、相場はあくまで幅があるので当然多少は安い物件がでることはある訳です。

そのため、最初から現地集合での下見専門のサイトで、掲載する目的がないのを利用するのがおすすめではあります。

ここからは多くのおとり物件か見破る方法が完全には通用をしないのか、すでに止めた側だからこそ書ける裏事情の部分を紹介しています。

裏事情も分かることでネットの情報に惑わされず、私のような業界経験者と同じように、騙されずに掘り出し物件を見つけることができるようになるはずです。

大抵の不動産会社は現地集合をしない

もっともよく見かける、現地集合での待ち合わせができない部屋は、おとり物件であるは間違えです。
大抵の賃貸の不動産会社は現地集合での待ち合わせをせず、来店をして貰うのを基本にしてることが多いです。

現地で問い合わせのあった物件の下見をしても、1件しか見てないので比較対象もなく、もっと良い部屋があるかもと思うものです。

そのため、まずは来店して貰い2.3件の物件の下見を回るのが通常の流れです。

様々な図面を見て相場感覚も分かり、部屋を数件下見して比較して、やっと契約する部屋が決められるのは初期費用が数十万円もかかるので当然のことだと思います。

賃貸はお店から往復で1時間や2時間の移動がかかる部屋を紹介したりもします。そのため、交通費と人件費の問題から、問い合わせ全件に対して現地集合に対応ができない裏事情があります。

もちろん、1件の下見でもよければそこにするって人はいますが、全体的には少ないです。
私自身も1万円を超える出費ぐらいになると、即断できずに考えたりします。

問い合わせ後に入居者が決まることはある

各部屋をたくさんの不動産会社が紹介できるのが、賃貸の部屋探しです。
契約後に入居者が決まってしまうことはあるのですね。

そのため、必ずしもすぐにおとり物件であると断言ができる訳ではありません。

ただ、空室確認をしているので、来店前に電話で伝えていないのは不動産会社の不手際であると言えます。

もともと契約者が決まったとしても、不動産会社に連絡が来る訳ではありません。
そのため、ある程度起きてしまいますが、前日や当日に空室確認をしていれば防げたことです。

こういったのは引越しの繁忙期でもある12月ぐらいから3月ぐらいが多いはずです。

繁忙期は更新で引越す人と就職や入学などが重なるので、大量の空室物件が毎日のように出て、たくさんの部屋の契約者が決まっていきます。

申し込みしても審査が落ちたと嘘も付ける

入居者側から分からないのは、審査の部分です。

審査の過程は書面などに入居者の情報を書き込んで、各不動産会社はそれをFAXで送り、大家や管理会社が行っています。
おとり物件は最悪のケースでは、営業の停止処分を受けてしまうので、倒産の危機にもなります。

そのため、実際は条件の違う部屋でも疑われない為に、下見をさせて審査で落とす可能性はゼロではありません。

ここまで偽装をしようとする不動産会社は聞いたことないし、いないのではないかと思います。
但し、こういったこともあるので完全におとり物件を見破ることはできません。

賃貸物件の入居の条件は変わる

賃貸物件の入居条件は当然のことながら変わることがあります。
そのため、ここで紹介してるおとり物件の見分け方を使っても、完全に見破ることはできません。

いくら募集をしても入居者が集まらなければ、少しでも家賃や敷金や礼金を下げて、早く入居者を決めたいのが大家です。

1ヶ月入居者が決まらないだけで、家賃1ヶ月分の収入を無駄にすることにもなります。

そのため、部屋探しサイトで一社だけ条件が良くても、実際はおとり物件ではなく最新の情報を掲載してることもあります。

但し、そんな条件がコロコロ変わる訳ではありません。
そのため、ほとんどはおとり物件である可能性が高いと考えるのがおすすめです。

おとり物件だと怪しいと思ったら帰るのがおすすめ

もしも、おとり物件かもと怪しいと感じるのであれば、帰るのがおすすめです。
最初からここで紹介してる方法で見分けたりするのが良いに越したことはないです。

しかし、なかには知る前にすでに来店をして、もしかしてと思っている人も見ているかも知れません。

賃貸物件は1度の購入ではなく、数十万円の高い初期費用を払い、毎月数万円の高額な費用を支払う契約です。
信用のできる不動産会社を見つけることがとても大切なことです。

入居後に問題が発生をしても、仲介の不動産会社は管理会社へ連絡してくださいと言うだけです。
しかし、管理会社は別会社なので、不動産会社のやり取りをしるよしもありません。

そのため、後から後悔をしてもどうしようもないですし、言った言わないの話であきらめるしかなくなる可能性が高いです。

おとり物件について元専門家からのアドバイス

部屋探しの元専門家からのアドバイス

ほとんどの人が経験をするのが、引越しであり部屋探しです。

生活でかかせないことであるに関わらず、おとり物件のような罠が隠されています。
そのため、部屋探し中の人はきちんと見分けて、信頼できる不動産会社を見つけるようにしてください。

おとり物件は良い条件の部屋なので、見分けるのが面倒と考えると、少し条件の悪い部屋を問い合わせするしかありません。

しかし、自分で見分け方を心得ることで、数あるおとり物件の中から、本当に探してる条件にあう掘り出し物件を見つけることができるようになるはずです。

ただ、「イエッティ」のようなおとり物件が仕組み的にない部屋探しサイトも登場をしたので、そちらを利用すれば調べる手間も騙されることもないので、おすすめです。

1度だけでなく、何年後かにも見分け方は使う可能性もありますし、友人が引越しを検討している時にアドバイスをすることもできます。

興味を持つ物件は何百もある訳ではなく、最終的に問い合わせしようと思うのは数個なはずです。
そのため、数分なので面倒がらずにあなた自身で調査をするのがおすすめです。

イエッティの公式サイトはコチラ

掘り出し物件の探し方
おとり物件の見分け方
PAGE TOP