オートロックのマンション

「オートロック」のメリット・デメリット!防犯効果のあるオートロックの種類

防犯を気にする女性で賃貸物件の条件として必需設備となることも多いのが「オートロック」です。

オートロックは勧誘や不審者を防げるので防犯効果が高いメリットがあると言われていたりします。
しかし、一方でほとんどセキュリティの効果はなく、必要がないって人も多いです。

  1. オートロックのメリット・デメリット
  2. 防犯対策としてどんな効果があるのか
  3. どんな種類のオートロックを選べばいいのか

この記事では一般的に言われているオートロックのメリットやデメリットだけではなく、実際に住んでみると効果はどうなのかまで解説をしています。

また、セキュリティ面や勧誘を防ぎたい人は、オートロックの種類はどれを選ぶと効果があるのか、元部屋探しの専門家のアドバイスも紹介しています。

オートロックとは

オートロックのエントランス

オートロックとはマンションやアパートの玄関部分に設置されている、自動開閉式の出入り口です。
防犯対策やセールス(新聞の勧誘・訪問販売)の対応をしなくて良いから、便利と思われがちではあります。

しかし、実際に住んだ人なら体験済みではあるものの、あまりオートロックの機能をなしていないことも多いです。

また、オートロックにも様々な種類があるので、どれかにもよって防犯や勧誘対策の効果があるかは変わってきます。

オートロックの種類

賃貸物件のオートロックの代表的なのは下記の3つです。
どの種類かにもよって、この後紹介するメリットは大きく変わってきます。

  • 鍵で開けるオートロック
  • 暗証番号で開けるオートロック
  • インターホン付きとなし

鍵で開閉式になっているだけのもあれば、インターホンが付いてるのや、モニター付きなのかと様々です。

築浅や新築や家賃の高い物件であれば、モニターが付いていることが多いです。

しかし、築年数のたっている物件だとマンションもアパートも、インターホンと鍵だけの物件がたくさんあります。

賃貸マンションはオートロックの暗唱番号を教えて貰えない

賃貸マンションのオートロックの多くは鍵で開ける以外に、管理用の暗唱番号で開く方法があります。

そのため、この管理用の番号が分かれば、オートロック用の鍵を持ち歩かなくても開くことができます。
しかし、賃貸物件の多くは暗証番号は教えて貰えないことが多いです。

入居者の多くはいくつかは退去をしますし、鍵を渡しているので部屋に入ることができます。

そのため、大家によっては教えてしまうことがあるのですが、基本的には教えて貰えないことの方が多いです。

オートロックのメリット

メリット

オートロックのメリットと言われるのは、下記の2点です。

  • セールスや勧誘を防ぐ
  • 防犯対策として有効

賃貸物件に住んでいると、立地によっては様々な人が訪問することがあります。

宗教の勧誘・セールス・新聞の勧誘などありますが、オートロックの物件だとドアに着く前に断れるから、あまりしつこくされないとも言われています。

しかし、これはインターホン付きのオートロックに限ったメリットでもあります。
また、この後解説をしていますが、実際の所はあまり意味をなさないことも多いです。

オートロックのメリットの多くはモニター付き

オートロックのメリットはモニター付きになることで、大きく変わります。

モニターがない物件だと、エントランスにいる人と会話しかできません。
そのため、セールスであろうと防犯対策だろうと簡単に突破をできてしまいます。

どの部屋でも良いですが、配達会社の不利をすれば、大抵の人は部屋を開けてしまいます。
当然、服装も見えず話し声は分からないので、不審に思うようなことはありません。

しかし、モニターが付くことによって、不審者もこういった方法は使えないので、セキュリティ面のメリットがあります。

オートロックのデメリット

デメリット

無いよりは合った方が良いと考えられることのあるオートロックですが、以外とデメリットは多いです。

  • セキュリティとして効果が少ない
  • うっかりすると部屋に入れなくなる
  • 訪問営業はやってくる
  • 鍵の管理が必要

オートロック付きの物件に住むことで、部屋の鍵ともうひとつ必要となります。
そのため、常に外出時は持ち歩く必要がありますし、解約時には返却をしなければなりません。

紛失をすると請求をされてしまうので、鍵の管理の面でもデメリットはあります。

空き巣・不審者・裏階段のすり抜けをした人を疑わない

オートロックがある物件は、マンション内にいる人は全て住人と考えてしまいます。

そのため、空き巣や不審者が歩いていたとしても、分からずに気にしない人が大半です。
特にオートロックはマンションやアパートでも部屋数の多い物件に付いていることが多いです。

そのため、どんな人が住んでいるかは何年暮らしていようと、入れ替わりで分からないです。

訪問営業の人はオートロック物件でもやってくる

オートロックだとエントランス部分で訪問営業の人を断れるから楽って話や来ないからメリットであると言われてはいます。。

しかし、訪問販売の人はオートロック物件であってもやってきます

同じマンションやアパートに住んでいる人は複数います。
その中のどれかひとつの部屋が空ければ、扉の前まで行くことができます。

実際に住んでみると立地にもよりますが「NHK・訪問販売・宗教の勧誘・宅配業者」など様々な人が来たりすることもあります。

オートロック付きの賃貸物件の注意点

オートロックの機能を過信しすぎないように注意をしてください。
実際、テレビなどのニュースで、オートロックが付いているマンションがうつることは多いです。

付いていないアパートばかりで何かのトラブルに巻き込まれているなんてことはありません。

オートロック物件は防犯意識が非常に低下がしやすく、実際の所はセキュリティ対策の効果が少なかったりします。

逆に住人に不審に思われないので、狙われやすいと言われたりもします。

オートロックの暗唱番号を忘れたり鍵を忘れる

仕事や休日のお出かけであれば、オートロックの暗唱番号や鍵を忘れたりする可能性は、少ないかと思います。

しかし、コンビニでドリンクを買いにいったり、休日に近くの飲食店にランチに行くなど、住んだ経験がある人の多くは忘れてしまう経験をしています。

私自身もそうですが、普段は財布に鍵を入れているものの、小銭だけを持ち歩いたりして、鍵を部屋に忘れてしまうこともあります。

また、飲み会の帰りだとふとした時に普段は覚えているのに、思い出せない経験をしている人も多いです。

鍵付きのオートロック物件は、必ずしも暗証番号を教えて貰える訳ではありません。

防犯対策として必要なのはモニター付きオートロック

オートロックとしての防犯対策を気にするのであれば、モニター付きのを選ぶのが効果があります。

モニターが付いていれば、どんな人が来客したのかが、映像で確認をすることができます。
そのため、当然のことながら宅配便を装ったりするようなことはできません。

但し、セキュリティ面で完璧に効果がある訳ではないのは注意をしてください。
マンションの住人と一緒に部屋に入ってしまうことはできてしまいます。

オートロックが必要かを防犯対策として考えるのであれば、大事なのはモニタ-が付いていることです。

オートロックの防犯対策の効果

空き巣・不審者

訪問販売を防ぎたい人はインターフォン付きオートロック

訪問販売のようなのを防ぎたい人は、インターフォン付きのオートロックを選ぶようにしましょう。

但し、玄関にインターフォンが付いてれば、そこまで効果が大きく変わる訳ではありません。
よく部屋の前までは来ていないから、断りやすいと言われてはいます。

しかし、実際住んでみるとほとんど変わらなく、しつこい人は粘ったりします。
訪問販売が嫌だって人であればインターフォンが付いてる物件を選ぶようにしましょう。

女性の一人暮らしにオートロックは必要か部屋探しの元専門家のアドバイス

私が不動産会社の営業をしていた時も、オートロックが必ず必要と考える女性の一人暮らしで部屋探ししている人は多かったです。

しかし、実際の所はほとんど防犯対策としての効果がないのが現状です。
一度住んだことがある人だと、めんどくさいのでいらないって方もいたりします

防犯を気にする女性であれば、大事なのはカメラ付きインターフォンが付いているかです。

エントランスや部屋の前にカメラ付きのインターフォンが付いてれば不審者を判断できるので、セキュリティ効果が高まります。

防犯を気にする女性の一人暮らしはカメラ付きのインターフォンを選ぶようにしましょう。

掘り出し物件の探し方
おとり物件の見分け方
PAGE TOP