ペット可の注意

ペット可の賃貸物件の注意点!入居前にデメリットを対策しないと後悔する

賃貸でペット可のアパートやマンションの入居はトラブルになることも多いです。

そのため、賃貸物件に入居する前の部屋探しのタイミングで、事前に対策をしておくことが必要です。

特に気お付けたいのが退去費用の部分で、契約時に支払いをしてる初期費用では足りずに、何十万と高額な請求をされることもあります。

ペット可物件は入居する際の注意点も多く、気お付けておかないと後悔をすることになりかねません。

また、普通の物件と違い入居者通しのトラブルになるデメリットとなることもあったりします。

この記事でペット可物件に住む前にトラブルを防ぐ対策や普通の賃貸物件と違ったデメリットが分かるようになっています。
気に入る物件を上手く見つけられないって人は「ペット可物件の探し方」をご覧ください。

ペット可物件の注意点

部屋探しの専門家

ペット可物件は他の物件と違い注意点があります。
トラブルになりやすいのが下記の3点です。

  1. 敷金が増えたり償却される
  2. 大家との解約時の退去費用
  3. 住人とのトラブル

犬や猫やうさぎなど様々なペットがいますが、一緒に入居をすることで、壁紙だけではなくフローリングや扉など様々な傷が付いたりします。

そのため、この記事で事前の対策も紹介していますが、大家と解約時にトラブルになる可能性があります。

また、部屋の契約時には敷金が1ヶ月や2ヶ月増えるだけでなく、償却がされる物件もあります。
敷金償却は不動産会社では詳しく教えて貰えなかったり、よく分からないまま契約をしてしまう人も多いです。

不動産の専門用語なので知らないって人は下記をご覧になっておくのをおすすめします。

ペット可や相談の物件でおとり物件もある

最近では犬や猫と暮らす人も増えて、少しづつペット可物件は増えつつあります。
しかし、全体的に物件の数は足りておらず少ないです。

そのため、本来はペットは駄目な物件でもペット可や相談可能などを表記して、おとり物件として利用をされることもあります。

賃貸の部屋探しサイトへの物件の情報は、人力でペット可のチェックマークをクリックすることで、webサイトへ表示がされる仕組みになっています。

そのため、当然のことながら間違える可能性もゼロではなく、問題になった時に間違えで済まそうとする可能性もあります。

ペット可物件は現地待ち合わせができないのであれば、問い合わせ後に下記の方法でおとり物件でないか確認をするのがおすすめです。

ペット可の賃貸物件のデメリット

デメリット

ペット可物件のデメリットとしては下記の4点があげられます。

  1. 建物全体が臭い
  2. 虫が発生しやすい
  3. 騒音問題
  4. 退去費用が高い

この中でも入居後に後悔をしやすいのが、騒音や解約時の現状回復の費用の部分です。
デメリット対策としてはどんなことをしていけば良いのかを詳しく解説していきます。

建物の臭いや虫が発生しやすい対策

ペット可物件は建物の共有部分(廊下・エレベーター・エントランス)などが臭いことがあります。
また、様々なペットが各部屋に住んでいることがあり、虫が部屋に発生をしやすいのがデメリットです。

そのため、デメリットを防ぐ対策として、入居前の下見で共有部分を確認をするようにしましょう。

エントランス・エレベーター・ゴミ置き場・廊下など共有部分が清掃がされて清潔を感じれるか。
ペットのおしっこやうんちが残ったままの後がないか。

頻繁にペットの出入りがあるので多少の臭いが発生をするのはしょうがないものの、清掃が全くされていないようであれば、虫が部屋内でも大量に発生がしやすい状態になっています。

騒音問題のデメリットを防ぐ防音対策

ペット可のマンションやアパートでは、あなただけでなく他の方も当然ながら一緒に暮らしています。

あなたの犬や猫などの家族はおとなしいのかも知れません。
元気で頻繁に吠えてしまう子かは分かりません。

あなたの家族がおとなしくても、他の家のペットの騒音がうるさくて気になることもあります。
逆に元気すぎて他の人にうるさいからとトラブルにならないか心配になりこともあります。

そのため、騒音が気になる人であれば、マンションの中でも防音がされて壁が厚い物件や、分譲タイプを選ぶのがおすすめです。

分譲が知らないって人は下記で解説しているので一緒にご覧ください。

現状回復の退去費用のデメリットを防ぐ対策

特に対策をしなければならないのが解約時の原状回復の退去費用です。
普通に入居をしていれば、クロスやフローリングに多少の傷が付いたり、汚れが付いたりする程度です。

しかし、経年劣化と呼ばれる考え方により、価値は時間が経つと下がるので入居者負担の割合が少なくなり敷金が返金されたり、収まることが多いです。

ペットはクロス・壁紙・扉など様々な場所を引っかいたりかんだりしてしまうこともあります。

そのため、入居者の過失となってしまうので負担額が増えるだけでなく、原状回復をするのが高額になる部分を傷つけてしまうこともあります。

入居前には壁紙に保護シートを張ったり、床にカーペットを敷くなど傷を付けない対策を施してから、一緒に住むようにしましょう。

引越し業者が荷物を搬入する前の方が楽なのでおすすめです。

ペット可の賃貸物件のメリット

メリット

ペット可物件とは言え選ぶ物件によってメリットは大きかったします。
入居者通しのトラブルになることもありますが、その下記のようなメリットがあります。

  1. 住人と仲良くなりやすい
  2. 急なトラブルを相談できる環境
  3. 動物病院の場所や評判も聞ける

ペットと一緒に暮らすことで、様々な問題が発生をすることもありますが、一緒に住んでいる住人は同じことを経験している人達です。

そのため、何かのトラブルや情報を聞きやすいだけでなく、仲良くなったりすることもあります。

メリットをを受けやすい賃貸マンションやアパートの選び方

賃貸物件の部屋探しサイトで「ペット可」ではなく「相談可能」になってることが多いです。

この理由は物件によって「犬」だけや「猫」だけや「小型」であったりと、条件が変わってくるからです。
もちろん、犬も猫も良いなんて物件もありますが、大家にもよって変わってくるのですね。

メリットを受けやすい賃貸マンションやアパートとしては、同じ動物だけの物件を選ぶことです。
犬は好きだけど猫は嫌いって人もいれば、アレルギーなどの問題もあったりします。

そのため、同じペットを愛する人たちが住むマンションを選ぶことで、共通点ができます。
動物病院の評判であったり、何かのトラブルでも解決策をしってることも多く、仲良くなりやすい傾向があります。

ペット可物件の入居前の人へ部屋探しの元専門家のアドバイス

部屋探しの元専門家からのアドバイス

ペット可物件にもデメリットはありますが、メリットもあったりします。

特に注意をする「臭い・騒音・虫・原状回復」の部分に関しては、入居前であれば対策をすれば防ぐことができます。
そのため、部屋探しをしている時点で何を購入するのかや下見の時にチェックをするのがおすすめです。

上手くデメリットを対策して回避をすれば、同じ動物を愛する者通しメリットがあるので、引越しをした時に成功だったと思えるはずです。

但し、ペット可物件は全体の件数は多くても、「家賃・エリア・設備・立地」などの条件が加わることで、見つけるのが難しくなることもあります。

もしも、あなたが上手く賃貸物件を見つけられないようであれば、下記の記事も参考にして頂ければと思います。

掘り出し物件の探し方
おとり物件の見分け方
PAGE TOP