メゾネットの部屋の写真

賃貸物件の「メゾネット」とは?メゾネットマンションのメリット・デメリットを元専門家が解説

部屋探しをしていて、「メゾネット」の物件に興味は持ったものの、いまいち住み心地が分からないなんてことはありませんか?

高級感やオシャレなイメージのメゾネット物件ですが、デメリットが原因で引越しをする人もいます。

  1. メゾネット物件のメリット・デメリット
  2. どんな人にならおすすめ
  3. 実際に住んでみるとどう

今までにメゾネットマンションやアパートに住んだ経験がない人で、部屋探しをしている人は同じように失敗をする前にご覧を頂ければと思います。

賃貸のメゾネットのこれらのことを、元部屋探しの専門家がアドバイスと一緒に紹介をしています。

メゾネットとは?

メゾネット

メゾネットとはアパートやマンションなどの集合住宅にも関わらず、部屋の中に階段があり2階建てになっている不動産の「専門用語」です。

外見はマンションやアパートにも関わらず、玄関を開けると中は2階建ての一軒家と考えると分かりやすいはずです。

吹き抜けになっているメゾネット物件もあれば、1階部分は玄関のみであったりと、様々な部屋が賃貸物件としてあります。

メゾネットはロフトと違い居住できる部屋

メゾネットとロフトの違いは、居住ができる空間があるかです。

ロフトは屋根裏部屋の扱いとなっているので、高さの制限により立ち上がるスペースはなく、窓なども設置がされていません。

そのため、寝室として寝るだけのエリアや物を置くスペースなどしか使い道がありません。

しかし、メゾネットは部屋の内部で2階建てになっている物件なので、様々な用途として利用をすることができます。

ロフトは便利なイメージですが、メゾネットは高級感やオシャレなイメージが持たれやすいです。

メゾネットのメリット

メリット

メゾネット物件のメリットは一軒家に似た感覚で生活を出来る点です。

  • 2階建ての一軒家のように暮らせる
  • 寝室と居間リビングを分けられる
  • 1階と2階で違った空間を楽しめる
  • 吹き抜けのメゾネットだと開放感がある

メゾネットのマンションはアパートとは違い、デザイナーズ物件や分譲であったりすることが多いです。
そのため、防音対策がしっかりとされており、部屋の中に入れば駅近の一軒家に住んでるのと同じになるはずです。

東京のような都会エリアは、駅近は商業施設やマンションのみで、一軒家は駅から離れていることが多いです。
しかし、メゾネットであれば駅近の一軒家に住むのと同じ感覚で暮らせます。

駅近マンションについては下記で解説をしているのでご覧ください。

一人暮らしだとオシャレな印象を持たれる

メゾネットに一人暮らしをする人も多いですが、オシャレな印象を持たれやすいです。

メゾネット物件の数自体は全体的にそこまで多い訳ではありません。

そもそも男性女性を問わずメゾネットマンションは、TVドラマの中でしか見たことがない人も多いです。

TVドラマでも企業の社長役のような、勝ち組を演じる役の自宅として使われたりします。

そのため、一人暮らしだとオシャレな印象を持たれるなどのメリットがあります。

メゾネットのデメリット

デメリット

メゾネットマンションのデメリットは、階段の上り下りに関係をすることが多いです。

  • 階段の上り下りが大変
  • 部屋間の移動が面倒
  • バリアフリーに向いていない
  • 電気代が高くなりやすい

毎日、何度も部屋を登り下りしなければいけないので、だんだんと住んでいる内にめんどうと感じるようになってきます。特に部屋間の荷物の移動が大変となります。

1階と2階で部屋の移動を余りしなくても良いように、荷物を配置する必要があります。

ただ、生活するうえである程度の運動量を得ることはできるのでダイエットや健康を考える人には良いかも知れません。
階段があることによって年寄りや小さい子供には住みづらい環境となります。

冷蔵庫や洗濯機の配置に困りやすい

メゾネットは冷蔵庫や洗濯機の配置に困りやすいデメリットがあります。

寝室などの居住空間が2階にあり、1階はキッチンやダイニングをかねた、客室となるお部屋が多いです。

そのため、寝室にいる時に飲み物を取るのに階段の上り降りが必要となります。
また、洗濯機に関しても同様で洗い物を2階に運んだり、干すスペースが上の階にしかないこともあります。

小型の冷蔵庫を寝室に置くなどして、上手く電化製品やインテリアを配置すれば、デメリットを解消できます。

エアコンの電気代が高くなりやすい

夏場にはエアコンの電気代も気になってきやすいです。

エアコンの電気代は稼働している時間ではなく、電力の消費によって決まります。

そのため、吹き抜けの2階になっていれば、常に勢いよく稼働をしているので、電気代も高くなり空調の効果も弱まってしまいます。

但し、吹き抜けのメゾネットであれば、風が通りやすく窓の数の多いことで、日当たりの良い物件も多いです。

メゾネットの住み心地・暮らしやすさ

メゾネット物件は階段の上り降りをどこまで面倒と感じないかによって、大きく住み心地は変わってきます。

1日の内に上り降りする回数は余り多くはならないものの、それが日常的に続いていくことになります。

多少の階段の上り降りを、運動不足の解消として考えられる人であれば、暮らしやすいはずです。

一方で、少しでも面倒だなと感じる人だと、それが原因で引越しをする人もいます。

メゾネット物件は子育ての隣室への防音対策

メゾネットタイプの物件で子育てをしている人は、2階に子供部屋を作ることが多いです。

その理由としては子育ての防音対策として有効となるからです。

子供は部屋の中でも走ったりしますが、マンションやアパートだと、下の階に音が響いてしまうことがあります。

そのため、子供部屋を2階にすれば走ったりする騒音も、居住スペースへ響くだけなので下の階へのクレームの問題になりづらいです。

ただ、母親が家事をしていると、子供が見えない範囲にいますし、階段の上り降りで怪我をする可能性があります。

賃貸でメゾネット物件がおすすめな人

賃貸でメゾネット物件がおすすめな人は下記の条件に当てはまる人です。

  1. オシャレな物件に住みたい
  2. 来客が多い
  3. 一軒家への憧れがある
  4. いつかは家を購入したいと思ってる

メゾネットは機能面としては居住エリアを分けるメリットと、階段の上り降りのデメリットです。

そのため、一人暮らしでオシャレな物件に住みたい人や、将来的には一軒家を購入しようとしており、試しに住んでみるって人にならおすすめすることができます。

また、同棲で暮らす人も一緒に住んでいると、必ず喧嘩が起きたりします。

1階と2階で違うフロアにいることで、冷静になれたりするので、おすすめをすることができます。

下の階への音を気にする部分の防音対策としては有効なものの、安全面は低下をしてしまいます。

賃貸のメゾネット物件への部屋探しの元専門家のアドバイス

部屋探しの元専門家からのアドバイス

メゾネットはオシャレではあるものの、機能面でのメリットが特別ある訳ではありません。
まずは部屋の下見をして実際に住んだ時をイメージをしてみましょう。

但し、下見をするとオシャレで良いかもと思う人もいますが、1日時間を空けて落ち着いて考えるのがおすすめです。

その上で、階段の上り降りを多少の運動で良いと思うのか、面倒と感じるのかで決めてみてはいかがでしょうか?

ロフトやメゾネットやデザイナーズなど、普段見慣れない物件を初めて下見をして、その場の気持ちの高まりで部屋を決めて後悔をする人もいます。

そのため、まずは実際に下見をしてから1日時間をおいて、引越し物件を決めるようにしましょう。

賃貸でメゾネットの部屋探しの仕方

「メゾネット」や家賃が1か月無料になる「フリーレント」など、特殊な条件がある物件は、部屋探しサイトだと上手く見つからないことも多いです。

空室な部屋自体はたくさんありますが、あなたの住みたいエリアや間取りや 賃料などの条件を加えると、ほとんど見つけることはできないはずです。

家賃が無料になるフリーレントのような掘り出し物件や特殊な部屋は「イエッティ」のようなチャット不動産を利用するのが、手間がかからないのでおすすめです。

希望する条件を入力しておけば、空室の情報が出てくると自動で情報が送られてくるので、手間がかからないのとすぐに物件の情報が分かります。

特にイエッティのような、下見の時に現地待ち合わせなら、おとり物件に騙される心配がないので、安心をして利用をすることができるはずです。

掘り出し物件の探し方
おとり物件の見分け方
PAGE TOP