ユニットバスとは

「ユニットバス」のメリット・デメリット!風呂・トイレが一緒の賃貸物件はどう?

引越しで賃貸の部屋探しをしていると、条件は良さそうだけどユニットバスが汚いイメージが強く、気になるものです。

実は、以前は風呂・トイレ一緒のユニットバスは人気があったので、たくさんの物件に使われています。

今でもあえて選ぶ人もいますがメリットがあるからなのですね。
特に「家賃を安くしたい人」や「広い部屋が良い」って人に人気があります。

そもそも風呂トイレが一緒のは「3点ユニットバス」であり、別々に独立している部屋もあります。

この記事でユニットバスのメリットやデメリットを知ることで、部屋探しの選択肢を増やすことができます。
「家賃を安くしたい人」や「部屋が広い方が良い」人だと、ユニットバスが良いと考えが変わる可能性があります

そもそもユニットバスとは何なのかが分かることで、より具体的に内容が理解できるはずです。

ユニットバスとは?

ユニットバス

ユニットバスとは工場でお風呂の浴槽エリアを作って部屋で組み立てて設置する浴槽」のことを言います。
トイレとお風呂が一緒のをユニットバスと勘違いされていますが、これは3点ユニットバスと呼ばれるものです。

  1. 2点ユニットバス:風呂・洗面台
  2. 3点ユニットバス:風呂・洗面台・トイレ

ようするにユニットバスの意味は組み立て型の浴室なのですね。
そのため、風呂・トイレが別の賃貸物件でも、ユニットバスと明記がされていることもあります。

仮説トイレの浴槽版とイメージするのが分かりやすいかと思います。
多くの賃貸マンションやアパートだけではなく、ホテルなどでも幅広く使われています。

ユニットバスと書かれてるから風呂トイレが一緒と判断をするのではなく、賃貸物件の図面の画像や写真で確認をするようにしましょう。

ユニットバスとシステムバスの違い

最近はシステムバスが賃貸物件にも使われるようになりました。

追い炊きやミストサウナなどの機能が付いた浴槽を、システムバスと呼ばれています。
しかし、システムバスの多くはユニットバスとなっております。

風呂・トイレが浴槽にある3点ユニットバスと勘違いをしている人が多いため、高機能な浴室をシステムバスと使われるようになったのですね。

ユニットバスのメリット

3点ユニットバスは悪いイメージがありますが、メリットもあり一時期流行った時期もありました。

  • 家賃が少し安い
  • 掃除がしやすいので楽
  • 部屋が広くなる

昔は今よりも一人暮らしは高いイメージが強く、衛生面よりも部屋を広く使いたいって人も多かったです。

ユニットバスであれば、家賃が安く、部屋が広くなるメリットがあります。
そのため、築20年以上の古めのアパートやマンションに風呂・トイレが同じ部屋が多いです。

最近の衛生面での考え方も変わっているので、一人暮らし向けの新しい物件は風呂・トイレが別の部屋が多いです。

家賃を安くしたいけどユニットバスはどうしても嫌な人

ユニットバスをあえて選ぶ人は「部屋が広くなる」と「家賃が安くなる」のメリットがあります。
しかし、どうしても汚いイメージしか持てなくから、絶対に嫌だって人もいます。

そんな人は「フリーレント」などの条件が付いた物件を探すのがおすすめです。

フリーレントとは家賃が1ヶ月や2ヶ月無料になる条件で、特に閑散期の時期に増えてきます。

但し、悪質な不動産会社がおとり物件として、この条件を付けていることもあり、見分ける注意をする必要があります。

ユニットバスは絶対に嫌だけど家賃を安くしたいって人は下記の記事をご覧になることをおすすめします。

バストイレ別物件に比べて3点ユニットバスは部屋が広い

条件が同じであれば、3点ユニットバスは風呂・トイレ別の物件に比べて部屋が広くなります。
賃貸物件の家賃は部屋の広さではなく、「設備・立地・築年数・専有面積」で変わります。

バストイレ別の部屋はそれぞれが独立しているので、必要な面積が大きくなります。
そのため、部屋の居室部分のサイズが小さくなっています。

風呂トイレが同じ3点ユニットバスは専有面積に対して部屋が広くなるメリットがあるのですね。

家賃は上げれないけど部屋の広さが欲しいのであれば選ぶ人も多いです。

ユニットバスは掃除が楽なので便利

3点ユニットバスはお風呂に付いてるシャワーを利用できるので、トイレの掃除が楽で便利なメリットがあります。

トイレが独立している物件はシャワーがないですし、床がクッションフロアで濡らせないことも多いです。
しかし、風呂とトイレが同じ3点ユニットバスであれば、水洗いをすることができます。

  1. 浴槽のシャワーで水洗いできるから便利
  2. 雑巾で拭かないから楽
  3. 男性は退去費用がが安くなる

掃除をする時に雑巾で拭いたりする必要はないのですね。
また、男性は便座からはねて、床をかびさせることで退去費用が高くなるのを防げます。

汚いイメージの強い風呂トイレが一緒の3点ユニットバスは意外とキレイに保つことができている人も多いです。

ユニットバスのデメリット

ユニットバスの最大のデメリットは汚いイメージですが、それだけではありません。
イメージや衛生面だけではない部分もあります。

  • お風呂とトイレを一緒に使えないので不便
  • 虫(コバエ)がわきやすい
  • 防音がしっかりとしていない
  • お風呂やシャワーの後は床が塗れる

浴室とトイレのカーテンで仕切りをきちんとしないと、トイレットペーパーが濡れたりすることもあります。
また、浴室後の湿気でも同様のことが起きることがあります。

2人暮らしや同棲だとユニットバスは防音対策ができてない

ユニットバスは防音対策がされていないです。
そのため、浴槽でシャワーを浴びたりしていると、部屋の中まで音が聞こえてうるさいと感じることもあります。

1人暮らしでユニットバスを利用をするのであれば、この点はデメリットにはならないかと思います。
但し、彼氏・彼女と同棲をしたり、2人暮らしとなると人によっては気になる部分になってきます。

ユニットバスは虫がわきやすいのがデメリットがある

ユニットバスは断熱性にすぐれているので、部屋の中に影響がしないようになっています。
それが原因でユニットバスの中に関しては、熱がこもりやすくもなっています。

虫の中でもハエの種類によっては、熱を好んだりするのもいます。
そのため、ユニットバスの中にハエなどの虫がわきやすいデメリットがあります。

但し、そもそもの意味でも解説をしているように、風呂トイレが別の物件も多くはユニットバスです。

ユニットバスがどうか元部屋探しの専門家からアドバイス

部屋探しの元専門家からのアドバイス

風呂とトイレが同じ物件は絶対に嫌だって人も多いです。

3点ユニットバスは私も住んだ経験もあり、掃除が楽で便利なのは凄く実感できます。
但し、絶対に嫌だって人や気になる人は、入居後に後悔する可能性もあるのでおすすめしないです。

引越した部屋は多くは1年や2年と長い期間を暮らすことにもなります。
そのため、ずっと後悔をしてしまったり、お金はかかるけど引越しをしようか悩んでしまうことにもなりかねないです。

風呂トイレが一緒の3点ユニットバスの方が、賃料が安く部屋も広くなりやすいメリットはあります。
しかし、根気よく部屋探しサイトや不動産会社で図面を見ていれば、気に入った条件の部屋が見つかるはずです。

上手く見つからないって人や探すのが面倒って人は「イエッティ」のようなチャット不動産を利用するのがおすすめです。

自宅にいながら「人口機能」や「不動産会社の人」が条件に合う部屋を見つけてくれるので、手間がかからないはずです。

ユニットバスがおすすめの人

ユニットバスにはメリットもありますが、デメリットもあります。
そのため、下記に当てはまる人であればおすすめをすることができます。

  • トイレが一緒でもシャワーに入ることができる
  • 浴槽に入らずシャワーしか利用しない人
  • 浴室の掃除をしない人
  • 設備よりも部屋の広さを重視する人

シャワーだけであれば仕切りのカーテンでトイレは見えないので、住んでみると気にしなくなってくる人も多いです。
また、一人暮らしで掃除をしない人だと、不衛生になりやすいです。

それであれば、3点ユニットバスの部屋でシャワーで水荒いだけでもするだけは簡単にできるはずです。

掘り出し物件の探し方
おとり物件の見分け方
PAGE TOP