賃貸マンションの部屋の方角!東西南北の向きによるメリット・デメリット・日当たり

賃貸物件の部屋探しで部屋の方角も気にする点です。

東西南北のどの部屋かによって、日当たりが大きく異なるだけでなく、メリットやデメリットも変わってきます。
人によっては南向きの部屋で日当たりが悪くて洗濯物が乾かないから、引越しをするって人もいます。

一般的には北向きの部屋は日当たりが悪く、南向きは日当たりが良いです。
しかし、必ずしも方角によって日当たりが決まる訳ではありません。

家賃や部屋の広さや設備に比べると、あまり気にする人は少ないですが、方角ごとのメリットやデメリットを知りたいって人はご覧ください。

また、下見の時に日当たりでどの部分をチェックした方が良いのか紹介をしています。

東西南北の部屋の方角によるメリットやデメリット

メリットとデメリット

方角には種類が様々あり、各方角の間の南東などもあります。
各向きの特徴の半々程度と考えて貰えれば分かりやすいと思います。

  1. 東向きの部屋
  2. 西向きの部屋
  3. 南向きの部屋
  4. 北向きの部屋

太陽は東から上り、南側を経由して西側にしずんでいくので向きごとにより特徴が変わってきます。
人気の方角は日当たりの良い南向きとなり、逆に避ける人が多いのが北向きとなります。

それでは各方角ごとのメリットとデメリットを紹介していきます。

方角が東向きの部屋のメリット・デメリット

東向きの部屋の特徴としては、午前中の日当たりが良い物の、午後になると悪くなってきます。
そのため、洗濯の時間は午前中の出来るだけ早い時間帯にした方が良い特徴があります。

東向きの部屋のメリット

  • 朝から日の光が入ってくる
  • 夏は暑くて目が覚めることもある

東向きの部屋のデメリット

  • カーテンが薄いと休日の朝に目が覚める
  • 午後になると段々と日が当たらなくなる
  • 冬の午後は日当たりが短く部屋も寒くなる

冬は日も早く沈むので、午後は日当たりが悪い時間が長くなります。
そのため、室内の気温も寒くなりやすいのが特徴です。

方角が西向きの部屋のメリット・デメリット

太陽は東から出てきて、南側を通り、西の方角に沈んでいきます。
そのため、方角が西向きの部屋は東向きの部屋の反対となります。

西向きの部屋のメリット

  • 朝はまずしくないのでぐっすり眠れる
  • 少し遅い時間から洗濯を始めることができる
  • 夏は朝でも涼しいことがある

西向きの部屋のデメリット

  • 冬場は朝が寒いことがある
  • 西日を浴びるので風水的に良くない

西日は風水的にも金運が下がったり、健康に悪いと言われています。
そのため、室内で活動をしている午後の時間帯に日当たりが良くなるので、余り良くないと考える人も多いです。

方角が北向きの部屋のメリット・デメリット

できるだけ避けた方が良いのが北向きです。
北向きの部屋の特徴としては、太陽の日当たりが悪いです。

北向きの部屋のメリット

  • 夏場は涼しいこともある
  • 少しだけ家賃が安い

北向きの部屋のデメリット

  • 洗濯物がかわきづらい
  • 部屋の中に湿気がたまりやすい
  • 冬の時期は寒い

家賃が安いなどのメリットはありますが、北向きの部屋は日当たりを気にする人にはおすすめしません。

できるだけ浴室乾燥機のある部屋や乾燥機付きの洗濯機を利用するのがおすすめです。
日当たりが悪くても洗濯物を乾かすことができます。

方角が南向きの部屋のメリット・デメリット

部屋の方角のみで考えると賃貸で人気があるのが南向きの部屋です。

南向きの部屋のメリット

  • 部屋が日光で明るい
  • 冬場でも暖かい
  • 洗濯物が良く乾く

南向きの部屋のデメリット

  • 夏場は暑い
  • 家賃が少しだけ高い
  • 夏場はエアコンで電気代が高くなる可能性がある

方角が南向きの部屋は人気がありますが、メリットだけでなくデメリットもあります。
特に夏場は日当たりが良いので部屋が暑くなりやすく、エアコンを長時間付けて電気が高くつくこともあります。

日当たりが良い方角と悪い方角

方角による日当たり

マンションの日当たりは太陽の動きからわかります。
太陽は東から昇り、南側を通り、西に沈んでいきます。

  1. 日当たりの良い方角:南側
  2. 日当たりの良い方角:北側

賃貸物件の方角で人気があるのが南側で日当たりよく、部屋の中も電気なしで明るくなりやすいです。
一方で北向きは日当たりが悪いので、湿気もたまりやすいので、カビが生えやすいなど特徴があります。

日当たりは方角だけでなく近隣の建物も大事

方角だけでなく日当たりは、近隣の建物次第で大きく変わります。

日当たりが良くなりやすい南向きであろうと、目の前のビルやマンションが日の光を遮ることもあります。
そのため、方角だけでなく下見の時に実際にベランダを見るのが大事です。

また、日当たりが良いことは夏場は暑いことにもつながります。
メリットだけでなくデメリットもあるので、生活をする時間や洗濯の時間などを考慮するのがおすすめです。

日当たりを気にする人は方角だけではなく、下見の時に実際に見て確認をするようにしましょう。

部屋を選ぶ際に方角は気にした方が良いのか元専門家からアドバイス

部屋探しの元専門家からのアドバイス

賃貸物件の部屋探しで方角は、風水などを気にしない人は北向きを外せばいいかと思います。

部屋探しをしていると最適な条件で探したくなりますが、方角よりも部屋の広さ・家賃・敷金や礼金などの条件を重視するのがおすすめです。そのうえで、同じマンションで同じ条件であれば、方角を選んでみてはいかがでしょうか?

部屋の方角によっては特徴はあるものの、全ては近隣の建物の状況によって大きく変わります。
そのため、ある程度の目安にして、下見の時に日当たりを確認するようにしてください。

実際にマンションの下見をしていると、窓を開けたら隣のビルやマンションの壁がすぐ近くにある物件もあります。
また、前の建物から部屋が見えてしまったりすることもあります。

できるだけ北向きは外して、「内見・下見」の時に日当たりはチェックするようにしましょう。

掘り出し物件の探し方
おとり物件の見分け方
PAGE TOP