熱割れで割れた窓ガラス

賃貸で窓ガラスがヒビや割れた修繕費を払わない!大家負担となる熱割れとは?

賃貸物件で引越す際に窓ガラスが割れていると必ず入居者が弁償をして支払う必要がある訳ではありません。
特に割れたのではなく、ガラスにヒビが入った状況は大家負担になる可能性は高いです。

窓ガラスは自然と割れる物でもあるので、入居者負担と大家負担の2種類が存在します。
しかし、普通は知らないので修繕費を払う必要がないのに入居者に請求する管理会社や大家もいます

実際、私自身も修繕費が必要と言われたので、この症状だから「大家負担のはずでは?」と言うだけで、しらっと「ああ、確かにそうですね」と請求をされそうになった経験をしています。

下記に当てはまる人は割れた窓ガラスの修理代を退去時に支払わなくて良い可能性があります。

  • 気づいたら窓ガラスが割れていた
  • 窓ガラスにヒビがある
  • 割った覚えがない

この記事を読むことで身に覚えがない窓ガラスが割れた修繕費を払わなくてすむ可能性があります。
また、割れた理由も理解することができるようになっています。

賃貸物件で窓ガラスの修繕費は大家と入居者のどちらもち

窓ガラスが割れた修繕費

賃貸物件で窓ガラスが割れた時の修繕費は入居者に過失があるのかによって変わります。
分かりやすく言うと、入居者の行動のせいで割れたのなら弁償をする必要があります。

窓ガラスは超常現象でも何でもなく、自然と割れてしまうことがあります。
熱割れと呼ばれる割れ方で、自然と起きるので大家負担となります。

  • 入居者負担:物をぶつけるなどの過失
  • 大家負担:熱割れによる自然現象

この2つは窓ガラスの割れ方が異なるので、素人が見てもどちら負担となるのかは見極めることができます。
但し、多くの人は「熱割れ」を知らないので入居者に請求をしてくることもあります。

割れた窓ガラスやヒビ学校入居者負担となる具体例

入居者負担となる窓ガラスの割れ方としては下記のようなことがあります。

  1. 物を投げたらぶつかって割れた
  2. 高い所に積んでた荷物が落ちてぶつかり割れた
  3. 叩いて割ってしまった

これらは入居者の行動によって、窓ガラスを割ってしまっています。
割るつもりはなかったとしても、過失となるのでこの修繕費は引越しの退去時に支払う必要があります。

入居者負担の窓の割れ方

入居者負担となる窓ガラスの割れ方としては、一点を中心にしてヒビが入っています。
衝撃が加えられた部分が丸く割れて、そこからヒビが入ります。

物がぶつかったり、叩いたりすることで、その中心部に衝撃がかかります。
そのため、衝撃のあった部分が分かるようになっており、そこを中心に全体にヒビが入っています。

賃貸物件のベランダ側の窓ガラスの多くは、網入りとなるワイヤーガラスなのでこのような割れ方になります。
しかし、網入りでなければそのまま全体的に割れてしまいます。

割れたりヒビの入った窓ガラスが大家負担となる熱割れの具体例

入居者が退去費用を払わなくて良いケースの窓割れは「熱割れ」です。

窓ガラスはもともと割れやすい性質を持っていますが、外の気温と部屋の室温の差で割れてしまうことがあります。

そのため、衝撃を与えた見に覚えがないのに、割れていたなんてことになります。

熱割れは入居者の過失によって窓ガラスが割れているのではありません。
そのため、大家が修繕費を支払う必要があるのですね。

夏にエアコンをつけていたり、冬に暖房を付けていると熱割れが起きやすいです。

大家負担による熱割れによる窓の割れ方はヒビが入る

窓ガラスの熱割れ

熱われよる割れた窓ガラスは全体的にヒビが入ります。

物をぶつけたりするのと違い、衝撃が加えられている訳ではありません。
そのため、熱割れはまんべんなくヒビが入る割れ方をします。

あなたの窓ガラスが写真のように、まんべんなく割れているのであれば、熱割れによるものです。
最近では毎年のように夏になると気温は去年より上がり、冬になると逆に気温が下がります。

そのため、熱割れが生じているケースは非常に多いです。

賃貸物件の熱割れとは?

熱割れとは窓ガラスが高温の部分と低温の部分の差により起きる割れ方です。

窓ガラスのうち日射が直接当たる部分は、吸熱して高温となり膨張します。 一方、ガラスの周辺部はサッシに呑み込まれているため日射を受けず、またサッシや躯体くたいへの放熱もあり、低温のままになり膨張しません。引用元:ガラスの豆知識 (熱割れについて(1))|AGCのGlass Plaza-PRO

賃貸物件であれば日頃はカーテンを閉めています。
しかし、部屋の外と内側では温度に差が生じます。

そのため、自然と割れてしまう現象が起きるのですね。
特に冬場は熱割れが起きやすいと言われています。

賃貸物件のベランダの網入りワイヤーガラスは熱割れしやすい

熱割れをしやすいのが賃貸物件のベランダに多い、網入りのワイヤーガラスです。

ワイヤーが入っていることによって、窓ガラスが割れたとしても散らばることがなく、安全面でのメリットがあります。
また、完全に割れるのではなく、ヒビが入るだけですぐに修理をしなくても、日常生活が送れる状況になることが多いです。

しかし、熱によってワイヤーは膨張をしてしまいます。
そのため、賃貸物件のベランダにある網入りワイヤーガラスは熱割れがしやすいのですね。

割れた窓ガラスの修繕費についてのアドバイス

賃貸物件に住んでいて熱割れで窓ガラスが割れることは多いです。
私自身も初めて住んだ部屋は窓ガラスが8枚ありましたが、6年住んだので半数の5枚が熱割れをした経験があります。

しかし、引越しの解約で原状回復費用として窓割れに関しては熱割れだとしても請求してくるケースもあります。

あなたが請求をされたのであれば、「熱割れ」であることを話すようにしましょう。
但し、退去費用はガイドラインがありますが、強制力がある訳ではなく、あくまで話し合いをするようになっています。

そのため、強気に対応をするのではなく、熱割れであることを伝えましょう。

悪質な不動産会社も多い!部屋探し中の人が最低限必要な知識

不動産会社の中には悪質な会社もあったりします。
賃貸の部屋探し中に多くの人が経験をしているのが「おとり物件」です。

本来よりも条件を安くして部屋探しサイトに掲載し、問い合わせ時には空室と聞いたのに、来店をすると別の部屋しか紹介をして貰えないなんて覚えはありませんか?

1回や2回しか引越しをしていないのに、こんな経験をしていることは多く、私も元不動産会社だったから分かりますが数は多いです。

もしも、あなたが部屋探し中であれば「おとり物件の見分け方」は最低限分かっておくのがおすすめです。

入居中に窓ガラスが割れたりヒビに気づいたら

引越しの時とは関係なく、賃貸物件に入居中に窓ガラスが割れたのに気づいたのなら、すぐに管理会社や大家に連絡をするようにしましょう。

熱割れだからと連絡をしなくていい訳ではありません。
入居者は住んでいる部屋に異変が生じたら、状況を伝える義務があります。

そのため、この義務を怠ることで退去時の話し合いが不利になる可能性もあります。
場合によっては熱割れの窓ガラスを一部負担なんてことにもなりかねません。

そのため、入居中に窓ガラスが割れたのに気づいたら、管理会社や大家に連絡をするようにしましょう。

掘り出し物件の探し方
おとり物件の見分け方
PAGE TOP